グローバリゼーション

水をコップに注ぐイメージ画像

みんなの水が、企業のものになったらどうなる? 「水道民営化」を世界の事例から考える

水は「公共財」なのか、それとも「商品」なのか? 今日本では、水道事業を民営化しようという動きがあります。一方で、一度は民営化した公共サービスの「再公営化」も世界で広がっています。水道民営化について考えるためのヒントを専門家に伺いました。

  • 暮らしと社会